アンチエイジング化粧品 30代40代

アンチエイジングに高保湿化粧水が効果的!

 

いつまでもキレイでいたいという女性のために小じわやたるみ、シミなどに効果があるという化粧品はたくさんあります。早い人だと20代の女性でもアンチエイジングに興味があるという方も多く、30代、40代の女性においては、そのほとんどの方がアンチエイジングを実践しているそうです。

 

毛穴レスの若々しいハリ、ツヤのあるお肌を維持するためには、とにかく肌を乾燥させず潤いのある状態を保つことが重要です。洗顔後には化粧水をもう必要以上と言えるくらいにたっぷりと使って肌に水分を与えてあげましょう。

 

アンチエイジングケアできる保湿化粧水ランキング

肌老化を早めるお肌の乾燥を潤す化粧水を使うことで健康肌、敏感肌や小じわ、たるみだけでなくオーンオーバーも正常化するので美白ケアにも役立ちます。

 

米肌トライアルセット

 

 

肌の乾燥小じわ、たるみ、毛穴の開き対策にライスパワーNo.11が効果的に潤いを与え改善していきます。老けて見られる原因の敏感肌、乾燥肌を積極的にケアできるエイジング化粧品となっています。トライアルセットの内容は、肌潤石鹸、肌潤化粧水、肌潤改善エッセンス、肌潤クリーム、肌潤化粧水マスクの5点セットです。
価格:1,500円

 

⇒ 米肌トライアルセット 公式サイトへ

 

 

 

アスタリフト トライアルセット

 

 

富士フィルムで開発されたアスタリフトは年齢肌が気になったきた方向けの基礎化粧品です。人気のアスタキサンチン、リコピン、人型ナノセラミドなど美容成分がたっぷりと配合されています。
トライアルセットの内容は、ジェリー アクアリスト、ローション(化粧水)、エッセンス デスティニー、クリームの4点セットです。
価格:1,000円

 

⇒ アスタリフト トライアルセット 公式サイトへ

 

 

 

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ

 

 

アンプルールのラグジュアリー・デ・エイジ トライアルキットVはシワ・たるみ・ゆるみ毛穴対策用の基礎化粧品トライアルセットです。ほうれい線、エイジングケアコスメです。トライアルセットの内容は、リフティングローション(化粧水)、リジュリューションα プラス(美容液)、クリーム、アイクリームの4点セットです。
価格:2,100円

 

⇒ ラグジュアリー・デ・エイジ 公式サイトへ

 

 

続けることが重要!時短スキンケアのオールインワンでもOK

 

オールインワンゲルを手に取る人

 

アンチエイジングに絶対欠かせない保湿ケアですが、化粧水、乳液、保湿クリームと何層にも化粧品を使うのが時間がなかったり、面倒に思えるのならすべての機能がまとめて1つになっているオールインワンゲルを使用する方法もあります。

 

エイジングケアを高めるオールインワン化粧品を選ぶ時のポイントは保湿効果が高いことです。保湿効果が高くエイジングケア、アンチエイジングにも効果的なものをいくつか紹介しておきます。

 

 

珠肌ランシェル

 

 

タマゴの殻にある薄い膜、ゆで卵を剥いたときにこの薄い膜がくっついてしまって・・・って。あの薄い膜は「卵殻膜」といって肌のバリア機能をアップし美肌に役立つものとして知られていました。

 

この卵の薄皮に含まれるLOX酵素を美肌へ活用するためにオールインワンジェルに配合したのが珠肌ランシェルです。安心の国内生産でパラベン、鉱物油、シリコンなど無添加のエイジングケアにおすすめ基礎化粧品です。

 

⇒ 珠肌ランシェル 公式サイトへ

 

 

メディプラスゲル

 

 

メディプラスゲルはオールインワン化粧品の中でも敏感肌も使えるほどやさしく、保湿力に優れていて人気があります。肌に優しい温泉水、セラミド配合で敏感肌でも安心して使え、もちろん無添加です。

 

皮膚科など医療機関でも推奨されるオールインワンのメディプラスゲルはアトピー肌にも使うことができ、乾燥がひどいお肌をしっとりと潤いで満たします。

 

⇒ メディプラスゲル 公式サイトへ

 

 

ドラッグストアなどで選ぶ場合は3000円以下のものは使わないようにしましょう。特に1000円程度のものは糊のように肌に塗るというだけで、肌触りもよくなく浸透しないという粗悪品もあるので注意しましょう。自分のお肌に合ったものを吟味して使用するようにしましょう。

 

アンチエイジングに必要なコラーゲンとハリをアップするEMS美顔器

 

コラーゲンたっぷりの若い肌

 

コラーゲンは、たんぱく質の一種です。たんぱく質は、沢山のアミノ酸が鎖のように繋がって構成されています。たんぱく質を口から摂取すると、体内で分解されて、アミノ酸に分解されて体に吸収されます。そのため、コラーゲンを無理に摂取するのは無意味だとされてきました。

 

しかし、コラーゲンには高分子コラーゲンと低分子コラーゲンの2種類があり、低分子コラーゲンであればアミノ酸に分解されずに摂取することができます。コラーゲンは、肌と深い関係があると考えている人が圧倒的ですが、美肌以外にもコラーゲンは重要な役割をはたしています。

 

肌の基底でハリを作り出す

 

コラーゲンが不足した肌は重力に耐えられず皮膚が垂れてたるみやほうれい線、マリオネットラインなどを作ってしまいます。コラーゲンはあればぐっと肌を持ち上げる力が強くなるので、頬のお肉が垂れたりすることも予防できます。

 

たるみの場合は化粧品よりもサプリや食品からコラーゲンを摂取したほうが効果的です。マッサージは小じわの原因になるので止め、ems美顔器で肌を持ち上げるフェイスアップ対策をコラーゲン補給と同時にするといいでしょう。

 

ems機能のあるおすすめ美顔器

⇒ 杉本彩プロデュ─ス☆最新美顔器レジーナ 公式ページへ

 

老化と血管、骨を強くする

 

人の老化は、血管と共に老化すると言われています。そして、血管の老化と骨粗鬆症は、相関関係にありどちらもコラーゲンの不足や劣化によって引き起こされます。

 

血管は、層になって構成されていますが、その中には沢山のコラーゲンが含まれています。血管の中に存在しているコラーゲンによって、血管の弾力性が保たれているのです。血管を構成しているコラーゲンが古くなって硬くなると、血流が悪くなり血圧が上がってしまいます。

 

コラーゲンと骨は、実は非常に関係が深いのです。例えば、魚を長時間煮ると骨まで柔らかくなって骨ごと食べることができるようになります。これは、長時間魚を煮ることによって、骨の中のコラーゲンが溶け出して、骨が柔らかくなるからです。

 

何故、コラーゲンが溶けだしたと分かるのかというと、煮魚を作った後にできる煮こごりが、コラーゲンだからです。すなわち、骨からコラーゲンが溶け出すと、人間の骨ももろくなるということです。

 

更年期の女性とコラーゲン

 

特に、女性は更年期と共に女性ホルモンの分泌が減少していくと、骨粗鬆症になりやすくなります。これは、エストロゲンのコラーゲン生成を促進する働きが、衰えることがで起こります。骨の約20%は、コラーゲンで構成されています。

 

骨は、大人になったらそのままという訳ではなく、代謝と吸収を繰り返しています。骨を形成する際に、コラーゲン量が不足している状態で骨が形成されると、骨がスカスカになり骨粗鬆症になってしまいます。更に、関節や軟骨の50%が、コラーゲンで出来ています。

 

コラーゲンをしっかり摂ることで、関節痛を予防することができるのです。低分子コラーゲンを摂取する場合は、コラーゲンの吸収率をアップしてくれるビタミンCを一緒に摂取するようにしましょう。

 

因みに、水道水でコラーゲンやビタミンCを摂取すると、塩素によってビタミンCが減少してしまいます。水道水で飲む場合は、パウダー状のアスコルビン酸で水道水を浄化しておきましょう。塩素が残っていると、腸内の善玉菌が死滅して便秘や肌荒れを招いてしまいます。

 

また、女性の場合は女性ホルモンのバランスを整えるために大豆イソフラボンや、プエラリアなどの植物性ホルモンで、エストロゲン量をアップさせることでコラーゲン生成を改善することができます。

 

身体のエイジングケアとも必要不可欠

 

宇宙飛行士が帰還した時、タラップを降りる時に両脇を抱えられていますが、あれは無重力空間でコラーゲンが減って骨が弱くなるからです。運動とコラーゲン、この2つがいかに骨の健康に大事かということが分かりますよね。

 

骨の健康には、コラーゲンを摂ると同時に、圧力をかけて運動をしなくてはならないのです。また、顔のたるみも運動不足によってコラーゲンが不足することも原因の一つです。肌細胞を活性化させるためにも、筋トレと有酸素運動を組み合わせて、体を動かすことが美肌を保つ秘訣となります。

 

アンチエイジング、エイジングケア化粧品の選び方

 

エイジングケアや年齢肌へのスキンケアを行う際には、化粧品選びにも、こだわっているという方もいると思います。化粧品には、様々なシリーズが販売されており、エイジングケアシリーズなどを販売しているところもありますから、こういったシリーズを使っている方もいるでしょう。

 

エイジングケアの基本は化粧水

エイジングケア化粧品選び

エイジングケアを進めていくのに一番重要なのは化粧水になります。お肌に不足しているうるおいをお肌に与える役割をするのが、化粧水です。うるおいをアップするためには保湿効果が高い必要があります。

 

どんな化粧水でもたっぷりの量を使えばいいというのは、若い時には通用してもお肌が衰え始めた30代、40代以降の場合はまったく意味を成しません。

 

カサカサしてくる、よく見ると小じわのようなものがある、目じりに薄いけどシワがあるように見えるというのは、思い過ごしではなくて実際にお肌が弱ってきてハリがなんくなってきた証拠です。

 

浸透力のいい、保湿成分がたくさん配合されている保湿化粧水でお肌の水分量を上げていきましょう。保湿化粧水に配合されている美容成分はいろいろとありますが、アンチエイジング、エイジングケアに必要なものはセラミドやアスタキサンチンです。

 

お肌の水分量を飛躍的に高めてくれますし、季節の変わり目の肌荒れや、ゆらぎ肌にも負けない強い肌を作っていくことができます。肌がしっとりと保湿できていると小じわは目立たなくなりますし、肌の新陳代謝も上がりますから、シミができにくく、くすみにくいお肌になれます。

 

保湿ケアを化粧水で十分に行った後に美容液や栄養クリームでさらなるエイジングケアを極めていきましょう。

 

美白ケアにも効果がある?

エイジングケアにも欠かせない美白ケアをする時にはどうしても美白成分だけに目が行ってしまいがちです。しかし、お肌がしっとりうるおいがある状態にするのがまず第一歩です。

 

お肌に潤いがあればターンオーバーも正常化されるので、表皮の生まれ変わり、入れ替わりが早くなりシミ、そばかすが定着しにくくなります。10代後半と40代のお肌ではこのターンオーバーの期間が倍の日数もあるそうです。

 

ターンオーバーが長くなればなるほど、お肌もごわごわして、くすみやすいですし、シミももちろん早く黒化してきます。肌を化粧水で保湿することでターンオーバーを早くすることができ美肌に近づきます。

 

アンチエイジングの効果を高めるスキンケア

まず、エイジングケアを効果的に行うためには、正しい化粧品選びがもっとも重要になってきます。化粧品を購入する際には、年齢層はどういったものになっているのか、どういったアンチエイジング効果があるのかを、事前に確認しておくことが大切です。

 

同じようにエイジングケア向けの化粧品でも、効果や効能などが変わってきますし、30代と60代とではちょっと求めるものが違ってくることもあるでしょう。自分に合った化粧品を選んでいきましょう。

 

また、成分なども事前に確認しておくことが大切です。どんなに良い成分が含まれていても、浸透性が少ないものであれば、効果は実感しにくくなります。出来れば、角質層までしっかりと浸透してくれるタイプのものを選ぶ様にしましょう。

 

あまり、お金はかけたくないという思いもあると思いますが、激安商品は避けた方が無難ですよ。安いということは、それだけ含まれている成分も少ないですから、効果は期待出来ないでしょう。

 

このように、エイジングケアを行う際には、正しい化粧品を使ったスキンケアが大切となってきますので、化粧品選びも慎重に行いましょう。自分の目的に合ったものを選んでいくことで、嬉しい効果が実感出来るはずですよ。

 

40代のアンチエイジングケアの進め方

 

40代のエイジングケア

人は年齢を重ねることで顔がたるんだり、皺が増えたり、シミが出来たりします。40代以上になるとその傾向は高くなり、何らかの健康的かつ美容的な方法で改善していく事が必要になってきます。

 

顔のたるみや皺は肌内部の水分含有量が減少することで、肌の潤いが失われてハリや艶が無くなってきて起こるものです。40代から顔のたるみ対策を行っておくことでアンチエイジングにもなります。

 

顔のたるみ対策で考えられる事は、美容クリニックでフェイスリフトの手術を受けたり、美容成分・保湿成分配合のクリームやローションなどの化粧品を使って肌の基礎機能を改善したり、マッサージによって筋肉のハリを取り戻すということです。

 

化粧品メーカーや健康食品メーカーでは、顔のたるみなどの肌トラブルを身体の内側から解消する栄養分を配合しているサプリメントを開発・製造・販売しています。

 

これらのサプリメントを服用することで、食事では摂取出来ない栄養素を補給することが可能になってきます。その他の顔のたるみに効果的な手段は、美顔ローラーを使うという方法があります。

 

美顔ローラーを顔の上で転がすことで、顔の血行やリンパの流れを良くすることができ、老廃物を体外へ排出することで顔のたるみを解消するだけでなく、小顔に導くことも可能になります。

 

歳を取っても年齢を感じさせないようにするアンチエイジングには、シワやたるみを目立たなくする事が大切です。毎日のスキンケアが肌トラブルを改善させる一番の早道であり、継続的にアンチエイジングを意識したスキンケアを行いましょう。

 

アンチエイジングに効果的なスキンケア

 

スキンケア用品により、エイジングケアを取り入れる人は非常に多いとされています。エイジングケアと書かれている化粧品の場合、アンチエイジングに効果的な様々な成分が配合になっている物がたくさんあります。

 

エイジングケアと記載されているからといって、全てのスキンケア用品が同じ成分が配合されているわけではなく、保湿に重点を置いているスキンケア用品もあれば、コラーゲンやヒアルロン酸など、歳を重ねると減少してしまう成分を肌の表面から吸収させることで、アンチエイジングを目指すという方法もあります。

 

シミが出来てしまうと、歳を重ねている印象を与えやすいと言われていますから、美白を中心にしているスキンケア用品も、エイジングスキンケア用品の中にはあります。

 

セラミドやビタミンなどを中心にスキンケア用品に配合されている製品は非常に多いですし、一般的なエイジングケアと書かれていないスキンケア用品を使用するよりも、アンチエイジングに対応しているようなスキンケア用品を使用する方が、確実に肌の調子を整え、年齢肌を感じさせない状態を作り出すことが可能となります。

 

スキンケア用品は、女性の場合、毎日使用する人が多いですから、面倒で続かなくなってしまうという事を防ぐことができますし、いつも使用しているスキンケア用品を、エイジング対応の製品に交換するだけとなりますから、非常に簡単に、アンチエイジングを取り入れる事ができるため、取り入れる人が非常に多いのです。

 

洗顔方法にも気をつけて

洗顔方法によって、老化現象を招いてしまっている場合があります。肌は非常に敏感です。そのため、強力な洗浄剤を利用したり、ゴシゴシ擦ってしまう事で、肌のバリア機能が弱まってしまい、肌の老化現象を早めてしまう原因となってしまうのです。

 

洗顔により、エイジングケアを行う方法としては、肌に優しくが基本です。肌に優しく包むような洗顔を行う事で、肌に負担をかけずに済みます。ゴシゴシとこすってはいけない理由としては、肌に刺激が起きてしまうと、肌を守るために、メラノサイトが働き始めてしまいます。

 

メラノサイトが働き始めるとどのような事が起こるのかというと、肌に茶色い色素を作り出してしまうのです。茶色いシミが、一気に肌の表面に出てきてしまう人もいれば、肌の奥底にできてしまい、次第に肌の表面にシミが上がってくる場合もあります。

 

シミは、何年も前に肌の奥底でできてしまい、徐々に肌の表面に上がってくる事もありますから、歳を重ねているから優しく洗顔をするのではなく、若い世代からできるだけ肌に負担をかけないように洗顔をする事が大切です。

 

洗顔料には、界面活性剤という成分が含まれている事が多いとされています。この界面活性剤ですが、食器洗い洗剤に含まれている成分と同じで、油汚れを落とす効果があります。

 

界面活性剤を肌に使用すると、余分な皮脂だけではなく、必要となる潤いを保つための皮脂まで落としてしまうといわれていますから、エイジングケアを取り入れている人には不向きな洗浄成分であると言えるでしょう。

 

40代の美肌維持に乾燥は大敵

 

 

アンチエイジングのためのアンチエイジング、エイジングケアに大敵なのは肌荒れや乾燥肌、敏感肌ですが、こういったに肌トラブルに悩んでいる女性はとても多いのではないでしょうか。とくに季節の変わり目や、生理前のホルモンバランスが崩れてしまった時なども、肌の状態が安定しなくて憂鬱になりますよね。いつも使っている化粧品も、刺激に感じるということもあります。

 

この刺激によって肌が一気に老化してしまうという事も多いのです。こうなるとエイジングケアもなかなかうまくいきませんよね。小じわが増えたりシミが濃くなったりしてしまいます。肌に刺激が強い化粧品を使わずに、敏感肌でもOKの化粧品で肌の炎症や乾燥を抑えてあげる必要があります。

 

美肌の一番の敵は、乾燥と言われています。敏感肌も乾燥が原因の場合があります。大人ニキビも、顎周りの乾燥している部分にできることから、乾燥が原因ということが多いのです。

 

普段の保湿スキンケアがとても大事だということですね。自分の肌に合ったものを使うことが、肌にとって重要なことです。

 

大人ニキビの予防には化粧水でしっとり保湿!

 

春夏は冷房による乾燥、秋から冬にかけては空気の乾燥で、肌のトラブルに1年中悩む人が多くなってきます。気温の変化に肌がついていけなくなっているのです。暖かい時期でもエアコンの影響でかさかさ肌に・・・。寒くなってくると空気中の水分量が少なくなり、乾燥する日が多くなります。

 

その上、暖房器具の影響でますます肌の水分量は低下していきます。また、寒さから新陳代謝が低下して、うるおいキープがしずらくなります。乾燥した肌は、肌のハリを支えるコラーゲンも、その間に水分を蓄えるヒアルロンサンも減少しています。

 

肌の水分量が減ってくると、弾力もなくみずみずしさも失われているためシワも目立ってきてしまい、さらに、ハリもなくなるので年齢よりも老けて見られることになってしまいます。乾燥肌から脱出するためには、王道ではありますが化粧品でしっかりと保湿してあげることです。この保湿がアンチエイジングにとても役立ってくれますよ。

 

水分不足の肌には化粧水!

 

 

かさかさした肌老化が進みがちなお肌に水分をたっぷりと与えるのには化粧水が一番効果的です。化粧水は肌の奥深くまでしっかりと保湿成分を届けやすい基礎化粧品だからです。

 

ヒアルロンサンとコラーゲン、セラミドなどをしっかり配合したエイジングケア化粧品を使用しましょう。とくに乾燥の酷い部分は重ねづけすると効果的です。時間のある時は化粧水パックがお勧めです。しっとりふっくらは段違いです。

 

そして、水分を補ってあげた後は、その水分が逃げていかないようにちゃんと保湿クリームなどでフタをしておきましょう。こういった一連のエイジングケア、スキンケアがトライアルセットなら手軽に試せます。敏感肌だけでなく、肌に自信がなくなってきたり、毛穴が乾燥のためにたるんだり開いてきたという方に役立つアンチエイジング美容成分がたっぷり配合されています。

 

エイジングケアはいつから始める?

 

エイジングケアを始めようか考える女性

 

「そろそろ、エイジングケアをした方が良いのだろうか?」と思っている方もいると思います。「どういったタイミングで、エイジングケアをはじめたら良いの?」と思っている方もいるでしょう。そんな方は、エイジングサインなどをチェックしてみると良いですよ。では、エイジングサインについて考えていきましょう。

 

⇒ エイジングケアっていつから始める?

 

誰でも、年齢を重ねると肌に変化が出てくると思います。この変化は、エイジングサインとなっているものもありますから、これらをチェックすることで、自分の肌の状態を知ることが出来ますよ。鏡を持って、じっくりと自分の肌をチェックしていきましょう。

 

まず、毛穴をチェック。毛穴の状態が、縦長になっている方の場合には、エイジングサインが出てきています。また、口元や目元などに小さなシワなどが気になる方も、注意が必要。「良く見てみると、頬が下がってきている」と感じている方もエイジングサイン。

 

「最近、口角が下がってきている」と感じている方や、「ファンデーションが、すぐに浮いてきてしまう」と感じている方もエイジングサインと考えた方が良いでしょう。かさつきやシミなども、注意が必要ですよ。

 

このように、自分でじっくりと鏡で肌の状態をチェックしていくことで、エイジングサインを確認することが出来ます。エイジングサインを確認した方は、まず化粧水でエイジングケアをはじめましょう。もちろん、こういったサインが出ていない方も予防として早めに取り入れると良いですよ。

 

> エイジングケアにおすすめの化粧水はこちら

 

 

米肌を製造販売するコーセー、アスタリフトを製造販売するフジフイルムは動物実験を行っておりません。アンプルール(ハイサイド・コーポレーション)は製品としては動物実験は行われていませんが、原材料においては、安全性及び効能効果の確証データ取得のため実験が行われているということです。

 

コーセーが動物実験廃止――資生堂・マンダムに続き
アスタリフトの富士フイルム、基礎研究も含め化粧品の動物実験廃止